女性

満ち溢れる自信【プチ整形なら短期間でイメチェン可能】

手軽に美しくなれる

微笑む女の人

メスを使わない

プチ整形とは、一般にメスを使わずにできる整形手術を意味します。従来の整形手術は肌にメスを入れるため、入院が必要、費用が高価、身体的な負担が大きい、術後の痛みが心配、傷跡が残ったり気に入らなかった場合のリスク大きいなどで、ハードルの高いものでした。しかし、プチ整形なら日帰りですぐに手術を受けられ、身体的にも金銭的にも負担は軽くてすみます。また、整形手術を受けるという心理的うしろめたさも軽く、エステで脱毛を受けるような感覚で施術を受けることができます。これらのことから、プチ整形が今では美容整形分野で大きな流れを形成するようになっています。プチ整形にどのようなものがあるかといえば、まず二重瞼にする方法です。これには埋没法という方法を使います。医療用に開発された特殊な糸で瞼をとめて二重をつくります。また、しわやほうれい線にヒアルロン酸、ボトックスを注射して肌をなめらかにきれいに見せます。これらは鼻を高くしたり、えらを細くして小顔にしたり、胸を大きくしたり、脚を細く見せたりといった方法にも使われています。

財布にやさしい

プチ整形のメリットはいずれも数分から1時間以内という短時間ですむため、すぐにその場でキレイが実現できることです。入院の必要がないので学校や仕事を休む必要がなく、こっそり受けることができます。痛みがほとんどないので麻酔の必要もなく、大きな傷もつけませんから、感染や合併症の心配もありません。プチ整形も保険は適用外ですが、一回の料金が5万円ほどと本格的な美容外科の手術に比べると随分安くてすみます。財布にやさしい点が一番のメリットかもしれません。予め知っておくべきことは、プチ整形の効果は永続しないという点です。ボトックス注射でシワが消えたとしても、その効果が持続するのは半年ほどです。ヒアルロン注射にも同じことがいえ、同じ効果を持続させたいなら、定期的に同じ施術を受け続けなければいけません。しかし、思ったような施術効果が得られなかった時に、元の状態に戻れるという大きなメリットも持っているともいえます。プチ整形は一度の費用が比較的安いので、まずはお試しで施術を受けたいという人にとってうってつけの方法といえるでしょう。プチ整形とはいえそれは医療行為であり、トラブルや失敗が全くないとは言い切れません。受けるときは、リスクを考えて信頼できる医師をみつけることが大事です。プチ整形であっても、施術後のアフターケアが充実しているクリニックを選択することで、万が一のトラブルにも対処できるでしょう。